きのけん日記(2017年8月)目次に戻る 乾杯に戻る

 

8月16日(水)

雨ニモマケズ、ランチは足を延ばして麻布麺房どらいちへ。

当店には過去に一度行ったことがあったと思っていたのだが、日記を引っ張り出しても出てこない。どうやら思い込みだったようだ。

 

担々麺(1,000円)※(平打ち)中太麺
卓上のPOPによると、スープは豚げんこつ&地鶏の胴ガラに鰹節、宗田節を使ったW系のもの。それに、ゴマペースト、ひき肉、山椒などを合わせる。味の深み、辛味、酸味、山椒の風味が高次元に融合して激ウマ。それに小麦の風味が強く、張りのある麺が乗ったときには、思わず「ナニコレ、ウマーーーーッ!」と声が漏れてしまうほど。いやはや、こんなに美味い担々麺にはなかなかお目にかかれないぞと。何やらウンチクが多いと思っていたが、そのウンチクにもなるほどと唸ってしまえる一杯だった。感動~!気持ち的な再訪は近いが、常に行列しているので様子をみて伺いたい。

 

8月15日(火)

会社の創立記念日。土日は野球があるから実質的な休みは今日までということで、家族サービスに徹する覚悟の一日。夏といえば海ということで、鎌倉観光も念頭に置きながら由比ヶ浜に向う。

ストップ・ザ・シーズン・イン・ザ・レイン~ 止まぬ 肌寒い雨~(泣)
断続的に降るという予報だったが、連続的に降りやまない雨。1時間は我慢したが、いよいよ限界がきて渋る坊主を引っ張って帰ることに。傘もなく服はずぶ濡れ。換えもないので、観光も出来ず・・・。鎌倉→港南台→上永谷と育った道を懐かしく眺めなから帰り、家近くのスーパー銭湯に入って温まった。なんとも非効率的な動きだった。
 
夜は焼鳥をこさえる。

家で作るとややコストはかかるが、外で食べる焼き鳥よりもよほど美味いのだ。今宵も満足の出来だった。

 

8月14日(月)

お盆真っ只中の出勤。電車はさすがにガラガラでいつもは座れない特急で空席があった。
ランチも開いている店が少ない。30メートル前から漂う
一端亭の匂いにつられて入店。

ラーメン・ライス(850円)
コクうまクリーミーの極み。文句なしに美味い。ライスの一部がボソボソ乾燥していたのが残念だったが、そこはオンザライスの妙技でカバーする。無料券があればパーペキなんだがなぁ。

 

8月13日(日)

例によって午前中は買い物に付き合い、午後は舎人公園で遊んだ一日。

スライダーで滑り、蝉、蝶、ザリガニを捕まえてご満悦。

 

3年半乗ったMyレガシィ君。ちょうど10,000km乗って50,000kmとなった。

悪いところはどこもなく元気バリバリである。今月末が車検なので、しっかり見てもらいたい。

  

8月12日(土)

雨の午前中はウダウダ家の中で過ごし、午後から買い物に付き合う。夕方、ふと思い立って近くの川に釣りに出かける。

何度投げても魚の反応なし。恥ずかしいハナシだが、未だにルアー(川釣り)で釣りあげたこと、ないんですよねぇ~(泣)

 

夜遅くに野球関係で一献。寄り道で。皆さんと良い話ができた。

が!馬刺しのニンニクで、翌日の胃腸が大変だった。ほんと、ニンニクは体に合わないなぁ~。

 

8月11日(金)

短い夏休み。雨の中の虫取りは、松戸市の里見公園と足立区舎人公園のハシゴ。

今日の収穫は蝉四種(アブラ、ミンミン、ニーニー、ツクツクボウシ)。童心に帰って、坊主Bと無心で虫を追いかけた一日。

ランチはお決まりの
いっきへ。

ラーメン(650円)
安定の美味さ。替え玉無料を使わせてもらい丁度いいボリューム。Bと二人でこの値段は申し訳なくなるが、もう少ししたら二杯の注文になると思うので、ご容赦願いたい(苦笑)
 

夜はお姉さん家族との一献会。食事後に麻雀大会などをして楽しんだ。

 

8月10日(木)

昼は千吉カレーうどんで汗をかく。

赤カレーうどん(780円)

安定の一杯。ここの場合、個人的に うどん < めし なので、うどんの替わりにご飯に変更できるか、今度聞いてみよう(笑)

 

夜は元上司にお呼ばれの会。泣く子も黙る老舗、船橋加賀屋へ。

煮込み、いわし刺、シマアジ刺

 

タン刺、豚キムチ、キス天ぷら

 

ねぎ間、スタミナ串、ポテトフライ

料理の味、酒のラインナップ、CPのすべてが素晴らしい。まさに大衆居酒屋の鑑である。こんな店が我が町にもあるといいんですけどねぇ~。

 

8月9日(水)

岐阜の朝は早い。昨日に比べてやや透明度が戻ったが、流れは急である。

 

今回の宿は、長良川に面している十八楼。老舗の旅館でそこそこいい値段を取る。

しかし、和室にオヤジが4人で寝れば、イビキの合唱で大変だった・・・

学生以来の雑魚寝。いい経験となった。
 
朝食はバイキング。内容はまずまず。高山ラーメンなんてのがあったので、卑しくも手にしてしまった(^^;;

 
新幹線に揺られ、昼過ぎに事務所に戻る。

潤滑油が切れかけているので、ホープ軒@古川橋で油を補給。

ラーメン(750円)脂増し
モチッとした密度の高い麺、豚骨の土台がしっかりとした背脂ギトギトのスープ。油のおかげで体の節々の動きが良くなった気がする(冗)

 

8月8日(火)

いよいよ本格的な出張シーズンの到来である。新幹線に揺られ台風一過の岐阜へ。

駅前の街並み(爆)

 
昼前に到着し、ランチは駅中の海鮮系居酒屋へ。海鮮系なんだから素直に海鮮ものだと思っていたが、上の方々がとんかつを食べると言うから、日本人らしくそれに倣ったわけ。

とんかつ定食(1,200円)
右の写真と見比べてほしい。1/2程度のカツのボリュームに目で驚き、口にして泣いた。こちらの店にはプライド、客を喜ばせようという、お・も・て・な・しの心はないのだろうか。さもしさばかりつのり、残念なランチだった。
 
岐阜といえば長良川の鵜飼ということで、楽しみにしていたが、昨日来の台風で川はこのような状態。

鵜飼は中止となり、宿泊先での懇親会となった。
  

船上であれば弁当だったというので、超豪華版の宴会のチェンジ。中止になって良かったんじゃね?とか、不謹慎にも思ったという事実(殴)

どれもとっても美味かった。なにより、皆さんと懇親を深めることができたのが良かったぞと。
 
二次会、三次会まで顔を出してして終了。

ジャパーン!(笑)

 

8月7日(月)

朝から猛暑。日差しが痛いので、陰を選びながらの通勤。つくづくジジイになっちまったもんだと思う(苦笑)
さりとて、二郎に対する熱意は不変である。行列はざっと7~8人ぐらいだろうか、あっさりスルーして
笑の家へ(殴)

ラーメン(780円)
深い豚骨味、鶏油のまったりとしたコクと相まって至高の家系を味わえる。私的には、博多豚骨№1がいっきならば、横浜家系ラーメンは笑の家と言い切ってもいいと思っている。

  

居残り後、喉を潤して帰ることに。久方ぶりのなおよし@押上へ。

刺身盛合せ、出汁巻玉子、本まぐろカマ焼き

きめの細かいシルキーなマグロ、鮮度抜群で弾力の強いタイ、脂の乗ったハマチ、相変わらずここは凄い刺身を出す。出汁に浸った出汁巻も超美味いし、マグロのカマの肉も脂が滴るものだ。これらを黒龍@福井、篠峯@奈良で流せば、帰る頃にはほろ酔いを超して完全体となる。大満足のなおよし。お薦めの店だ。

 

8月6日(日)

一日中、小学校で練習。昨日に引き続いて基礎練習、バッティング練習を行う。暑さが半端なく、バッティングピッチャー時、朦朧として、ぶっ倒れそうになった。

昼は日高屋へ。冷やし中華でクールダウンを目論んだが、「温かいラーメンじゃないとダメ」という坊主Bのリクエストの前に屈する(泣)

味噌ラーメン(500円)
あれ?これ美味いじゃん(笑)味噌ラーメンに昔ながらのという言葉は合わないが、子供の頃に美味いと思った店の味噌ラーメンのスープだ。今のシーズンは野菜たっぷりタンメン一択だったが、味噌も悪くないな。辣油やら酢を使ってアレンジしても、面白そうである。
 
久々に日本酒ネタ。
寒紅梅(かんこうばい)を調達。ベタなネーミングではあるが、はせがわ酒店で「激ウマでした」のタグが引きつけられ、手にしてみた。

なにこれウッメ~~!口に含めば広がる酸味と米の旨味、純米酒ながら全く雑味がなく、キレさえも備え持つ。いやはや完璧だ。これが一升瓶2,376円とは、超絶リーズナボーである。而今、作、瀧自慢などなど、三重って本当にいい酒が多い。

 

8月5日(土)

午前中のみの練習。各種走塁、ボール回しなどの基礎メニューに徹底した。まだまだファーストでの1アウトが遠いが、焦らず繰り返しである。
昼は豚骨ラーメンにどっぷりハマった坊主Bと共に
いっき@谷在家へ。

ラーメン(650円)、キクラゲ(100円)、メンマ(100円)
仕込の丁寧さが伺える一切エグみが無いスープ。田中商店も同様だが、あちらはややクドい。飲みやすさは当店の方が上だ。都内ナンバー1の傑作である。

最近、アイロンビーズとかいう遊びに夢中のB。細かい作業は大嫌いだが、一緒にやってくれというので仕方なく付き合った。

形を作って、アイロンで溶かして成型する。

 

 

やってみると、なかなか思い白かったりして(苦笑)

 

8月4日(金)

ランチは一端亭へ。CPの悪さが玉に瑕だが、リピートしたくなる魅力がここにはある。

ラーメン+ライス(850円)
泡立ちクリーミーなスープ。コクと旨味もしっかり。美味。CPの悪さはライスでカバー。ラーメンの具や卓上の薬味をオン・ザ・ライス すれば、ボリューム的にも納得だ。

 

8月3日(木)

野暮用を済ませる日。朝から晩まで動き、充実の一日となった。
ところで、筆者は光物に目がないのだが(貴金属じゃないですよw)、最近は身の柔らかさと独特の脂をまとうイワシが特に好きだ。先日、帰宅途中に
長屋門@浅草で、いわし料理に舌鼓を打った話。
 
刺身2人前、しそ巻き天ぷら
この刺身だけで日本酒は3合はイケてしまうぞと。しそとの相性も抜群だ。
 


フライ、シラスチーズオムレツ
フライといえばまずアジが浮かぶが、熱することでイワシのほろ苦さが出てくる。
イワシではないが、ここのオムレツは天下一品。これで2合はイケてしまうので、都合5合は飲める(殴)

ということで、お薦めのお店の紹介。

 

8月2日(水)

胃腸がシクシクして食欲がない日は、一心たすけに日和る。

山菜そば(450円)
見た目の通り極めてあっさり。今日のようなコンディションの時は、これに決め込むといいな。

 
 

それはそうと、受付担当のアルバイト(代々大陸系外国人女子)が見当たらず、店長らしき親父が客を捌いていた。まぁ、あんだけ客前でギャンギャン怒られたら、誰だって嫌になりますわな(苦笑)この仕事は日本語ができる人間でないと 、全ての人間にストレスがかかるので、むしろこのスタイルでいいのではないか?と感じた(笑)

 

8月1日(火)

埼玉花園出張日。蒸し暑い中、倉庫からフェンスを出しての作業。文字通り滝のように流れる汗を拭きながらの作業となった。人員を一人増やすべきだった・・・失敗。作業が終わり、深谷でランチ。何年ぶりだろうか、モスバーガーへ。

モスバーガー、ポテト
いや~モスバーガー美味いっすねぇ~。パないっすね。いちいち美味い美味いを口にしながら食べたのだった。食後、花湯の森で温泉につかり、リフレッシュして帰る。